第49回技能五輪 全国大会【構造物鉄工】(2011年)


【構造物鉄工】

構造物鉄工は2日間(10時間)に渡り行います。

鋼板や形鋼等から自由な形や機能を生み出し、様々な組み合わせで構造物を創り上げる技能です。

設計図を読み取り、部材を加工して完成させます。




小林裕也 選手


赤田工業 小林選手 入社4年目 22歳

小林選手は今年が初出場。
初出場ということで、大会の数ヶ月前から練習に取り組み、休日も練習に追われていました。
練習では10時間以内に製品を完成させることができました。

小林選手は一児の父でもあり、家庭からの支えを十分に受けながら今大会に臨みました。
本番では、初出場というプレッシャーにも負けず練習の成果を出し切り、見事一番で製品を完成させました。
入賞まではいきませんでしたが、他の選手から自分に足りないものを吸収できたかと思います。

小林選手は22歳なので、チャンスは来年の1回のみ。
来年も出場権を獲得し、良い成績を残してもらいたいです。




新聞記事はこちら
赤田工業 小林選手
赤田工業 小林選手
赤田工業 小林選手
赤田工業 小林選手


木村洋平 選手


赤田工業 木村選手 入社3年目 21歳

小林選手同様、木村選手も今年が初出場。
小林選手の1歳年下なので、溶接の経験は1年短いです。
木村選手も休日は練習に追われる日々で、ギリギリ時間内に製品を完成させることができました。

本番では、小林選手よりも遅れをとりながら作業を進め、それでも3番目に製品を完成させることができました。
木村選手も入賞までには届きませんでしたが、良き経験ができたかと思います。

木村選手は21歳なので、チャンスは残り2回。
来年も再来年も出場権を獲得し、先輩である小林選手を抜く気持ちで臨んでもらいたいです。



新聞記事はこちら
赤田工業 木村選手
赤田工業 木村選手
赤田工業 木村選手