YouTube動画づくり

こんにちは、北條です。

この投稿の1つ前、2つ前には、
職場体験に来た地元中学生たちの感想が書かれています。

最初に会社見学をするのですが、きっと、
見たり話を聞いたりしても何をやっているのかわからないかもしれませんが、
そのあとに行う金属磨き作業やブックスタンド作成をすることで
働くことの大変さや面白さがわかるのではないかなと思います。

今回の職場体験で、きっといろいろな感想を持ったのではないでしょうか。
「もっと赤田工業で、ものづくりしたい!」と思ってくれたら嬉しいですし
「工場での仕事よりも他の仕事をしたい!」でもいいと思います。
自分がやりたいことを見つけてもらったり、
働くこと、職業観が身に着いたらいいと思います。

 

さて、本題ですが、
最近、私も会社のYouTube動画の製作をすることになりました。
昨年7月頃から本格的に稼動した赤田工業のYouTubeですが
動画の投稿数も120件を越え、内容が少し充実してきたのではないでしょうか。

加工技術の紹介や技能五輪の練習風景、地域貢献の様子など
赤田工業のことを知っていただける動画がたくさんあります。

今回私が作成した動画は、5S活動についてです。
インドネシアの実習生が業務改善として、初めての設計や溶接をし学習をしながら
防塵対策のためのテントハウスを作成するという内容です。

動画を見ていただけたらわかると思いますが、
彼はとても日本語が上手です。
日本語が上手になったのも、今回のように業務改善ができたことも、
彼がいろいろなことに挑戦することが好きであり
努力を惜しまない人間だからだと思います。
動画のためのインタビューをしたいとお願いしたときも、
快く引き受けてもらえました。

もし自分だったら、彼のような行動ができなかったと思います。
これからは彼を見習って仕事をしていきたいと思います。

 

話が変わってしまいましたが、これからも動画投稿を続けていくので
ぜひご覧になってください。

赤田工業 YouTubeチャンネル はこちら