報連相

こんにちわ。
 
2月に入り・・・今日は友達の誕生日♪♪
☆☆Happy Brithday☆☆
 
まぁ・・・今年は本当に雪が少ない少ない・・・。
 
 
 
 
 
今日は、初めて話題に出しますが・・・
私の仕事での失敗談を書きたいと思います。
 
それは、先日のこと。
 
いつものようにフレームの展開をまかされた私。
 
そぉ、いつものように・・・。
 
しかし、展開の時点でのちに大きなミスにつながるミスをしてしまっていた。。。
 
フレームは、角パイプをつなぎあわせてつくるものなので、角パイプの先はふさがっておらず、穴があいています。それをふさぐのが、メクラという板。
このメクラをつけることにより、フレームの組み方は何通りにもなります。
 
今回も、メクラがあるものだと思って・・・いつも通りに展開していき、そのデータをもとに材料を切断し、あとは溶接だけだ!!と思っていた矢先に問題が起きました。
 
そぉ・・・フレームの組み方に問題発生。
今回のはメクラがないフレームだったので、図面にかいてある通りに組まなければいけなかったのです。

それを私は違う組み方で展開してしまい、それで材料も切られてしまい、数台分溶接がすでに始まっていました。

2009-2-5.jpg

急いでデータを作り直し、加工者の人には残業までしてもらって・・・なんとか間に合いました!!
 
 
今回、一番いけなかったのは・・・報連相がなかったこと。
誰もが、メクラがついているものだと思っていたので、図面に注意書き等がまったくなかったこと。
 
不良を出してしまったあとなのですが、報連相はとても大事なことだと思えました。
 
今後の対策としては、データはまず上司に確認してもらうこと!!
これが一番大事かと思います。
 
みなさんも、今後は報連相を大事にしてください。